成分のお話

エコーレアの植物エキス

ア行

アルニカエキス(兎菊)
アルニカエキス山地の牧草地に生えるキク科の植物アルニカ(別名:うさぎ菊)の花または根から抽出したエキスです。ヨーロッパでは民間薬として広く用いられるハーブで、ころび傷の万能薬として、打身、捻挫などにつかわれます。炎症をおさえ血流をよくする働きがあります。
アロエベラエキス(ALOE)
アロエベラエキスアロエに含まれる多糖類には保湿作用やキズ、肌あれ、やけどの治療などに古くから利用されていました。アロエベラエキスは沖縄産のアロエベラ(アロエの種類)から抽出したエキスで、おだやかな保湿作用で肌あれをおさえる作用が期待できます。
オウゴンエキス(黄金花)
オウゴンエキスシソ科のコガネバナの周皮を除いた根を乾燥させたもので、古くから抗炎症、抗アレルギー作用が認められています。肌の汚れが酸化すると、それ自身が刺激物資になり老化や炎症、ニキビ、メラニン過剰など肌トラブルの引き金になります。汚れをおとすことも大事ですが、汚れを酸化させないことも大事なことです。オウゴンエキスには抗酸化作用があるので、汚れを酸化させず、肌の老化防止効果も期待されています。
オトギリソウエキス(弟切草)
オウゴンエキス日なたの山野に自生する多年草、オトギリソウの花または全草から抽出したエキスで、肌をひきしめ消炎をおさえる効果があります。

ページトップへ ページトップへ